第2回持続可能なスマートモビリティ情報基盤プラットフォームシンポジウム

開催概要

日時 2018年3月29日 13:00開始予定
会場 JR博多シティ 9階会議室
主催 九州大学スマートモビリティ研究開発センター
文部科学省 科学研究費基盤(S)「持続可能なスマートモビリティ向け情報基盤プラットフォームプロジェクト」
協賛 九州大学システムLSI研究センター
NPO法人 QUEST(旧:九州組込みソフトウェアコンソーシアム)
後援 九州IT融合システム協議会(ES-Kyushu)
九州IT&ITS利活用推進協議会(QPITS)
(社)組込みシステム技術協会(JASA)九州支部
電子情報通信学会九州支部
情報処理学会九州支部
福岡市IoTコンソーシアム(FITCO)

申し込み

参加申し込みは こちら からお願いいたします。

シンポジウムへの参加は無料です。情報交換会は会費4,500円となります。

プログラム

講演題目 講演者
13:00-13:10 開会挨拶 福田 晃 (九州大学大学院システム情報科学研究院 主幹教授、スマートモビリティ研究開発センター長、文科省 科研費基盤S 代表)
13:10-14:10 招待講演「The Development and Technology of Smart City in China」 蔡 鸿明 (上海交通大学ソフトウェア学院 教授、副院長)
14:10-14:30 「持続可能なスマートモビリティ社会に向けて-プロジェクト進捗状況報告-」 福田 晃 (九州大学大学院システム情報科学研究院 主幹教授、スマートモビリティ研究開発センター長、文科省 科研費基盤S 代表)
14:30-14:50 「マイクロサービスアーキテクチャによるスマートモビリティサービスの構築と運用」 中西 恒夫 (福岡大学工学部電子情報工学科 教授)
14:50-15:10 「実運用に基づくライフサイクル指向不確実性解決手法」 久住 憲嗣 (九州大学システムLSI研究センター 准教授)
15:10-15:20 休憩
15:20-15:40 「エージェントベース統合シミュレーション環境の開発」 安藤 崇央 (九州大学大学院システム情報科学研究院 特任准教授)
15:40-16:00 「地域(伊都キャンパス)の情報共有と推薦基盤:伊都キャンライフ」 峯 恒憲 (九州大学大学院システム情報科学研究院 准教授)
16:00-16:20 「圧力センサーシートによる足跡を利用したユーザトラッキングシステム」 田頭 茂明 (関西大学総合情報学部総合情報学科 教授)
16:20-16:40 「マイクを使った車両及び列車検出」 石田 繁巳 (九州大学システム情報科学研究院 助教)
16:40-17:00 「種々の地図データを統合する統合地図データベースシステムの研究開発」 金子 邦彦 (福山大学工学部情報工学科 教授)
17:00-17:10 「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡ご案内」 浦 正勝 (西鉄情報システム株式会社)
17:10-17:20 「変化を加速させるスマートエネルギー開発プラットフォーム」 中村 創一郎 (スマートエナジー研究所 代表取締役社長、スマートモビリティ研究開発センター 特任助教)
17:30- 情報交換会

情報交換会の会費は4500円です。会費は当日徴収させていただきます。